• 安心して暮らせる毎日。災害に強く、かけがえのない家族と大切な財産を守ります

    2×4工法

    北米の伝統かつ一般的な工法であるプラットホーム・フレーム工法を取り入れたもので、正式には枠組壁工法(以下2×4工法)と呼びます。多少の流儀に違いがあるとしても、世界の木造住宅のほとんどは2×4工法で建てられています。言わば、国際的に通用するスタンダードな木造建築方法です。日本で一般的な木造軸組工法(在来工法)が柱、梁による線構造とすれば、2×4工法は、壁パネルによる6面体構造で、耐震性に優れているのが大きな特徴の一つです。これは阪神淡路大震災や、新潟中越地震時に、建物の新旧を問わず、ほとんどの建物で大きな被害を生じなかったことからも証明されています。
    日本は地震や台風が多く、不安は一つではありません。外部からの力を建物全体で吸収し分散させる強さを持ち、住宅そのものが揺れや圧力に強い構造の2×4工法こそ、これからの家づくりに求められる工法です。建築方法のご紹介

    VIVENTE-ビベンテ- 2×4工法
  • 太陽光で発電したエネルギーを有効活用し、停電時には蓄電池にためたエネルギーを家庭内に供給します

    太陽光発電システムではじめるHEMS(ヘムス)生活

    VIVENTE-ビベンテ- 太陽光発電システムではじめるHEMS(ヘムス)生活

住宅展示場 VIVENTE -ビベンテ-

〒354-0011 埼玉県富士見市水子4721-18
交通: 東武東上線「みずほ台」 駅 東口 徒歩3分
電話: 049-268-1555   メール: info@jc-group.jp
資料請求・見学予約受付中
049-268-1555
受付時間/ 9:30~20:00(定休日/ 水曜日、第一・第三火曜日)

お問い合わせ

-