• 長期的な視点に立ち、住み継ぎ暮らすことが、エコにつながっていく住まいへ

    長期優良住宅のススメ

    2009年6月4日にスタートした「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、長期優良住宅には税制面で大幅な優遇措置がとられることになりました。土地の価値はあっても、建物の価値はすぐに下がってしまいローンが終わる頃には、また建て替えることになる。長期優良住宅は、そんな日本の住まいを変えることが可能です。「長期優良住宅の認定条件に基づいた住宅をつくり、長期優良住宅に基づくメンテナンスを実施し、永く大切に使う仕組み」を作ることで、地球環境にも住む人にもやさしい住まいを実現。お客様にとって、お子様、お孫さんの世代まで住むことが可能な長期優良住宅を建てるチャンスです。しっかりとお客様にその良さをご提案いたします。長期優良住宅とは

    VIVENTE-ビベンテ- 長期優良住宅のススメ
  • 住まいの性能について最高等級を取得。安心して住むことができる住宅です

    住宅性能評価

    VIVENTE-ビベンテ- 住宅性能評価

    住宅性能評価は住宅性能表示制度に基づいた一律の基準により、良質な住宅であることを表示・評価されたものになっております。この基準により、様々な工法で造られる建物を比較することができるようになり、専門知識がなくても、比較検討がしやすくなっています。

    VIVENTE展示場の設計住宅性能評価書は、耐震等級3(最高等級)、劣化対策等級3(最高等級)、省エネルギー対策等級4(最高等級)を取得しております。それに基づき施工をしております。

  • 地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出量の軽減を目指します

    低炭素住宅のススメ

    「低炭素住宅」は、光熱費を節約でき、住宅ローン減税などで優遇を受けられます。低炭素住宅とは、二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫をした住まいのことです。断熱性を高めるとともに、省エネ型のエアコンや給湯器、照明などを使います。節水型トイレや壁の緑化など環境に配慮した工夫をこらすのも特徴です。申請を受け、自治体が認定します。
    低炭素住宅を認定する背景には温室効果ガスの排出量の削減があります。地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出量の少ない社会を目指そうということです。低炭素社会の実現に向けては、太陽光などの再生可能エネルギー効率の向上、断熱などによる無駄なエネルギー消費の削減などが重要だとされています。
    認定された低炭素住宅について、様々な特典があります。
    認定低炭素住宅を購入・新築した場合のメリットの第一が、各種税金の優遇を受けられることです。 低炭素住宅とは

    VIVENTE-ビベンテ- 低炭素住宅のススメ
  • 「永く快適な暮らし」をサポート・長期にわたり安心を提供する保証システム

    アフターサービス・20年保証システム

    JCグループに於いては、2×4工法を採用することにより、長期優良住宅制度に対応でき、より間取りの自由度を持たせた建物づくりをグループ内にて設計~施工~販売~アフターサービスまで一貫した住宅づくりをお客様にご提供体制で社員一同取り組んでおります。

    またJCグループでは、長期20年保証システムを、採用しています。
    詳しくは下記ページをご覧ください。保証&アフターサービス

    VIVENTE-ビベンテ- アフターサービス

住宅展示場 VIVENTE -ビベンテ-

〒354-0011 埼玉県富士見市水子4721-18
交通: 東武東上線「みずほ台」 駅 東口 徒歩3分
電話: 049-268-1555   メール: info@jc-group.jp
資料請求・見学予約受付中
049-268-1555
受付時間/ 9:30~20:00(定休日/ 水曜日、第一・第三火曜日)

お問い合わせ

-