長期優良住宅 - THE200年住宅 -

長期優良住宅とは… その名の通り、“優れた住まい”ということはなんとなく想像できますが、では具体的には、どんな家のことを指すのでしょう。

それは、一般住宅に比べ、耐久性・耐震性・省エネ性に優れ、資産価値も高く、次世代へと受け継がれる家のことです。

社会の変改に伴い、かつてのような「作っては壊す」といった考えから、「良いものを作り、きちんと手入れをして、永く大切に使う」へと変化しています。
つまり、住宅や住環境の「質」の向上が求められているため、それに対応した住まいのことです。

「長期優良住宅」に必要な条件

  • 耐震性

    震度6や7といった、きわめてまれに発生する大規模地震に対しても倒壊しない構造的強度が確保されていること(耐震等級2以上)
  • 劣化対策

    数世代にわたり、住宅の構造躯体が使用できること(劣化対策等級3相当)
  • 省エネルギー性

    必要な断熱性能などの省エネルギー性能が確保されていること(省エネルギー対策等級4)
  • 住戸面積

    良好の居住水準を確保するために必要な規模を有すること(75㎡以上)
    少なくとも一つのフロアの床面積が40㎡以上あること
  • 維持管理

    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置があること
  • 維持保全計画

    建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等にかんする計画がなされていること

「税制優遇」や「金利軽減措置」などの優遇措置

住宅ローン減税が、最大500万円控除になり、住宅ローンを組まない場合でも、所得税控除が受けられます。
また、登録免許税、不動産取得税、固定資産税など、住宅取得の際にかかる各種税金の優遇を受けることができます。
※平成33年12月31日までに入居した場合

高い資産価値

長期優良住宅に認定された住宅は、将来の売却に際しても、住宅としての価値が高いので、条件の良い査定額を受けることができます。